ビットコインの根幹をなすブロックチェーン技術とは?

ビットコインを理解するならブロックチェーン技術を知れ

ビットコインなどの仮想通貨は、法定通貨と同じようにそれ自体に価値を持ち価格は日々変動しています。

ドルや日本円などの法定通貨は、国力・経済力・地政学上の問題などによって価値が決まりますが、デジタル通貨としての仮想通貨の価値とは一体何になるのでしょう。

この答えは、仮想通貨の信頼性と考えるとわかりやすくなります。

事実、2009年に発行されたビットコインはしばらくの間、何やら怪しい商品と同じような目で見られており、価値が認められることはほとんどありませんでした。

ところが、ビットコインの信頼性が世に知られるようになると徐々にビットコインに関心を示す人が増えてきて、価格は上昇し始めました。

ビットコインとは優れた信頼性を持つ将来性の高い通貨であるとわかるや価格は大暴騰したのです。

 

 

ブロックチェーンとは分散型システムである

仮想通貨としてのビットコインは、サトシ・ナカモトという謎の人物の論文から誕生します。

この仮想通貨の根幹をなすのがブロックチェーン技術という分散型のコンピューターネットワークで、中央集権を置かずに信憑性ある合意に到達する方法を可能にする技術です。

謎の人物が開発したシステムということで怪しさは半端ないものでしたが、この分散型システムを理解した世界中の有志の協力により、世界中に点在するパソコンにデータを置くことで、壊すことのできないネットワークの構築が可能となったのです。

この世界中に点在するブロックチェーン技術を止めるには、地球全体を壊滅させるような災害や全世界の機械類を同時に破壊してしまうほどの災害が必要だと考えられています。

何故なら、データを保持するすべてのパソコンを壊さなければ、ブロックチェーンは複製しながら復活することが可能だからです。

 

 

ブロックチェーンは皆で監視しあう分散型システム

ブロックチェーン技術が発表される前までは、現金を除いて通貨のやりとりは必ずVISAやPayPalや銀行などの第三者機関を通す必要があり、これらの機関が中央集権として絶対的な力を所有していました。

これらの第三者機関がこの取引は正しいといえばそれが正解となり、この中央集権システムを利用したビジネスモデルが構築されて来たのです。

ところが、ブロックチェーン技術が誕生したことで、買い手と売り手は従来のように第三者機関を通さなくても両者の合意(コンセンサス)のもとに安心・安全に直接取引できるようになったのです。

例えば、海外に送金する場合には、銀行という第三者機関を通すことで安全に取引することができますが、そのためには高い手数料を支払う必要があり、時間的にも数日を要します。

この海外との取引もブロックチェーン技術を利用するビットコイン同士で海外送金すれば、ビットコインの場合には1時間前後、手数料も格安で取引することができるようになります。

これは、ビットコインのブロックチェーンで数字を管理し、通貨として利用することができるからです。ブロックチェーンでは帳簿は全世界に向けて公開されていますので、それぞれのウォレットにいくら入っているかが分かるようになっており、基本的にだますことができません。

例えば、悪意のある人が自分のウォレットの残高を偽装しようとしても、そのウォレットの残高の記録はブロックチェーン上に公開されているため、瞬時に偽装は見破られてしまい残高以上の取引をしようとしても拒否されてしまうわけです。

全取引履歴のデータが世界中に散らばり、皆で監視しあっているため、特定の人に対するシステムのハッキングを防止することができるのです。

 

 

ブロックチェーンによって、すべての仲介役が不要となる

ブロックチェーン技術は通貨としての利用にとどまらず、世界中で第三者機関に依存しているすべての業界の仲介役を省くことができ、第三者機関に依存しない新しいモデルを構築することが可能なのです。

たとえば、インターネット投票についても、投票用のソフトウェアを開発して、投票結果をブロックチェーンに残すようにすれば、不正が一切できない国民投票システムを構築することも可能です。

このようにブロックチェーンを利用することで可能性は無限大に広がることになります。

 

 

国家では管理できないブロックチェーン

仮想通貨としてのビットコインの特徴として、国家や誰にも管理されないというポイントがありますが、この根幹をなすのがブロックチェーン技術です。

ブロックチェーンは国家の力をもってしても止めることができないというのは、世界中にシステムのコアが分散しているからです。

インターネットがフィルターでブロックされたとしても他国に行けば問題解決してしまうように、ある国で仮想通貨が禁止されたとしても、他の国では何の問題もなく利用できるのです。

従って、前述のようにブロックチェーンを止めるためには人知を超えるような大災害が起こるか、あるいは、国家という概念がなくなって世界政府ができるような時代になることが必要でしょう。

現在のような利害関係を持った多くの国家が存在する時代には、ブロックチェーン技術は非常に有効なテクノロジーといえるでしょう。